「乙女」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。興味のない人も。あなたが考える「幻」って、どんな感じ?

使命は何時でも脳裏をよぎる

「乙女」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。興味のない人も。あなたが考える「幻」って、どんな感じ?

ページの先頭へ戻る

雲が多い大安の夕暮れにひっそりと雲が多い大安の夕暮れにひっそりと

私は前から、素肌があまり強くないので、すぐにかぶれてしまう。
その上、ボディーソープの体にこびりつくタイプが気に入らない。
それだと、真冬は思いっきり乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを使用している。
その品のガッカリな点は、値段が凄く高く、なかなか買えないところ。

具合悪そうに体操する彼と履きつぶした靴
タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもいろんな場所でコーヒーは飲める。
他にも、飲みたいときにインスタントでも手軽だし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が好きなのがスターバックスコーヒーだ。
全店ノースモーキングと言うのは、喫煙の無理な私にはポイントだ。
おかげで、コーヒーの匂いをより堪能できる。
価格も張るけど、立派な豆が使用されているのでコーヒー好きにはたまらない。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと、つられて甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

薄暗い平日の午後は焼酎を薄暗い平日の午後は焼酎を

このようにインターネットが必需品になることは、小学生だった自分には全く想像できていなかった。
物を扱う店舗は今から競争化が進むのではないかと思う。
パソコンを活用し、どこより安価な物を探すことが難しくないから。
争いが激しくなったところで、ここ最近よく見れるようになったのがセミナー起業や情報商材だ。
今は、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

涼しい休日の夕暮れにゆっくりと
今日この頃、わが子がいつもの広場で楽しまない。
暑くてきついからだろうか、部屋で遊べるものが非常にもらってふえたからか。
ちょびっと前までは、非常に公園に出かけたがっていたのに、このごろは、多少でも出かけたがらない。
なんというか、男親から見て、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないが、しかし嫁はちょっとは考えている。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

夢中で大声を出すあの子と僕夢中で大声を出すあの子と僕

此の程まで皆目存在を知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツなるものが存在している。
都会では、水遊び用オムツをはいて入れることろと入らせてくれない所があるとのことだ。
おそらく、プールに入っている人から見れば、水についてももれないオムツでもうんちなど入っているオムツで水に入られたら、いやだろう。
だけれど、親だったら、プールにいれてあげたいという気持ちもある。
とは言っても、立場が逆だとしたらとてもいやだ。

雨が降る金曜の早朝にお酒を
都内で古くから有名な町が、台東区にある浅草。
最も古い寺が浅草寺。
まさにここ最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しぶりに向かう台東区浅草。
いっそう、自分自身の目でちゃんと確認して分かったのが、外国からの観光客がたくさんいること。
世界中より旅行客が集まってくる浅草だが、前よりどう見ても増えた。
というのは、世界一の総合電波塔、スカイツリー完成の関係もあるといえるだろう。
アジア諸国からは、羽田空港ハブ化に伴いアクセスが良くなったという事から、プラスして、ヨーロッパ方面やアメリカ方面は、着物や和装小物に魅力を感じてやってくるツーリストが多いと感じる。
ともかく、この先の未来も多くの外国人観光客が、来ることを想像させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、さびにくい性質を持つチタンを採用して、改修工事を行ったという。
浅草寺で秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてご参拝した
頑張りが必ず実りますように。

気どりながら泳ぐ兄さんと夕焼け気どりながら泳ぐ兄さんと夕焼け

花火大会の時期だけど、しかし、住んでいる位置が、行楽地で土曜日に、花火が上がっているので、もはや慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週夜に、打ち上げ花火をあげているので、抗議もどっさりあるらしい。
俺の、家でも打ち上げ花火の音がうるさすぎて子がびくびくして泣いている。
一回、二回ならいいが、夏期に、土曜日に、どんどん花火をあげていては、嫌になる。
さっさと終わればいいのにと思う。

凍えそうな土曜の昼に椅子に座る
盆だとしても家元から離れて生きているとほとんど認識することがないが、少なくとも、仏壇へのお菓子くらいはと考え生家へ届けた。
生家に住んでいたら、香をつかみ祖霊の出迎えにおもむいて、お盆やすみのラストに送り出しに行くのだが、別れて生きているので、そうやることもない。
隣近所の人は、香を持って霊前におもむいている。
かような光景が目にとびこむ。
ふだんより墓の前にはいっぱいの車がとまっていて、お参りの人もとってもたくさん目に触れる。

具合悪そうにダンスする彼女とよく冷えたビール具合悪そうにダンスする彼女とよく冷えたビール

雑誌を眺めていたり人ごみに行くと可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の心の中かもしれない。
とても大きいと思う。
私が注目しているのがアーティストの西野カナだ。
歌番組を見て、初めて質疑応答を受けている姿を見た。
女の子っぽい!と思わずにいられない。
ベビーフェイスに、スタイルも良い感じ、パステルカラーがとても合う印象。
話し方がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
歌は割と聞いていたけれど、これを見てからますますファンになった。

無我夢中で走る姉ちゃんと夕立
ここ最近、フィクションを読むことは少なくなったが、以前に北方謙三版の水滸伝に魅了されていた。
別な作者が書いた水滸伝を読んだ時は、つまらなくて不満で、はまらなかったが、北方版水滸伝を読みとおしたときは、夢中になり、読むのが止まらなかった。
会社の業務のなか休みや家に帰ってからの食事中、入浴中でも読んで、1日一冊ずつ読破していた。
キャラクターが血が通っていて、凛々しいキャラクターがすごくたくさんで、そこに心を奪われていた。

Copyright (c) 2015 使命は何時でも脳裏をよぎる All rights reserved.

●サイト内メニュー