みんなで「大工」のことを考えてみたいんだ。それほど頭を抱え込む事って無いと思うんだよ、「カクテル」については。

使命は何時でも脳裏をよぎる

みんなで「大工」のことを考えてみたいんだ。それほど頭を抱え込む事って無いと思うんだよ、「カクテル」については。

ページの先頭へ戻る

無我夢中で口笛を吹く父さんと暑い日差し無我夢中で口笛を吹く父さんと暑い日差し

少年は真夜中の3時に目覚めてしまった。
夏休みに入って2週間ほど過ぎた頃だった。
あまりの暑さに熟睡できなかったのだろう。
扇風機は部屋の空気を混ぜているだけで、全く涼しくならない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作り始めた。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を切りそろえ、炒めたり煮込んだりした。
夜明け前には、家中に芳ばしいカレーのいい匂いがしていた。

雲が多い金曜の朝はカクテルを
久しぶりの出張の時、初めて業務で同行したAさんという年配の方は、体格のいい大先輩だ。
入社時に会った時以降厳しそうで、プラーベートな会話はほとんどしたことがなかった。
その時、ただ何気なくAさんの腕まくりした太い腕をみてびっくりした!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスレットかなりの数つけられていたため。
ついつい、パワーストーン大好きなんですね!と出てしまったくらい。
するとAさんは得意げで、しかも子供っぽい表情で、ひとつひとつのストーンの名前紹介してくれた。

勢いで吠える家族と観光地勢いで吠える家族と観光地

知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子を可愛がっている。
彼が出張が決まれば、知佳子も一緒に行くし、今回は私も一日目だけ同行した。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼びかけるし、何かを始める時は、まず私に問いかけてくれる。
なんとなしに可愛がってくれている感じがして非常に空気が良いと思った。

のめり込んで走るあの子と草原
小学生のころから、活字は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家や図書室にある本を読んでいました。
真剣に考えながらページをめくるようになったのは、高校生のとき。
授業で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを学習してからです。
話は、恋人を失ったヒロインの、高校のときの思い出が始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその当時もその後も、ないです。
しかし、高校生の私には主人公の切ない気持ちが重なってきました。
今までにない感情でした。
主人公と、その時の私の年が近かった事、それもあってだと思います。
その帰りに、その本を買ったのが文庫本を買った初めての経験です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の本ですが、永遠に色あせない素敵な本だといわれています。

一生懸命踊る弟とよく冷えたビール一生懸命踊る弟とよく冷えたビール

チカコが、自宅のベランダにて、ミニトマトを作っている。
実ったらサラダを作りたいそうだ。
彼女は、まめに水を与えないし、近くで煙草をふかすので、トマトの生活環境はこれっぽっちも良くない。
丸3日、何も与えていないと言う時の、トマトの見てくれは、緑色の葉が垂れ下がっていて、まさにガッカリしている姿に似ている。
申し訳ない気分になったので、水分をたっぷりあげると、あくる日の早朝のミニトマトは元気に復活していた。

汗をたらして体操する兄弟と冷めた夕飯
夏はビールがたいそうおいしいけれど、このごろ少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝にアルコールが残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はとてもあこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌になるほど行って、俺のイメージの中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関係でとても久々にビアガーデンに行った。
たいそう久しぶりにおいしかったのだけれども、調子にのってすごくビールを飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

よく晴れた月曜の朝は焼酎をよく晴れた月曜の朝は焼酎を

一つの体のほとんどは水だという調査もありますので、水は一人の人間のベースです。
水分補給を充分に行い、皆が元気で楽しい夏を満喫したいですね。
輝く光の中から蝉の声が聞こえてくるこの頃、いつもあまり出かけないという方でも外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出るという位なので、やはり気になってしまう所ですね。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの暑い時期は少し例外の可能性もあります。
というのは、多く汗をかいて、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身の体調も関係することでしょう。
ともすると、自身で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の体調に表れるといっても過言にはならないかもしれないです。
短時間歩くときにも、小さなものでオッケーなので、水筒があれば非常に便利です。
一つの体のほとんどは水だという調査もありますので、水は一人の人間のベースです。
水分補給を充分に行い、皆が元気で楽しい夏を満喫したいですね。

悲しそうに熱弁する兄弟とファミレス
出張で、日光市へ向かうことが多かった。
北関東地方に位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、高い峰に囲まれている。
もちろん、寒い時期には積雪し、除雪車やチェーンなど必要だ。
秋になると、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日というパーターンがとても多く、旅行誌などで日光が登場すると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は見てほしい県だ。
少し述べさせてもらうと、ツアーのメインはやっぱり東照宮。
歴史上欠かせない人物徳川家康の眠る場所で、独特な様子に驚くだろう。
もう一つ、奥日光と言われるところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉とのことで、濁っていて、高温の湯。
この温泉につかると、冷えも治ると思う。
日光東照宮が建てられたときには、この温泉を目標に湯治客が集まったらしい。
その様子は想像可能な歴史のある栃木の日光。
旅館の紹介も兼ね,雑誌にもたくさん記載されているこの場所に、行きたいと思う。

ひんやりした仏滅の早朝にカクテルをひんやりした仏滅の早朝にカクテルを

昨日は、一カ月ぶりに雨になった。
アジ釣りの約束を息子としていたのだけれど、雷まで鳴っていたので、さすがに危険で行けない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、できれば行くということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから釣り場に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を入れていた。
えさも解かして準備していたが残念だった。
天気のよい休みにと言って釣りざおなどを片づけた。
明々後日からは晴れが続くそうだ。
なので、今度こそ行ってみよう。

泣きながら叫ぶあの人と冷たい雨
個人的に、好きなものや気になるものが存在すると思っているけれど、どんな感じか聞くのが好き。
友人に質問してみると、お金、スベスベの下着、恋人のことが大好きとの事。
さらに、異性の血管の出た腕。
それにヨーロッパ系言語のひびき。
自分にはわからない。
屋台のリンゴ飴、素肌に直接薄手のニット、女っぽい香水、声のかすれた男女が好きだと、伝えた。
正に理解不能だと言われた。
まさにこれが、フェチという部類だという。

Copyright (c) 2015 使命は何時でも脳裏をよぎる All rights reserved.

●サイト内メニュー