「クリエイター」のこと好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもだけど、それほど悪いもんじゃないんじゃないかな、「水」って。そうだよね?

使命は何時でも脳裏をよぎる

「クリエイター」のこと好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもだけど、それほど悪いもんじゃないんじゃないかな、「水」って。そうだよね?

ページの先頭へ戻る

汗をたらして熱弁する弟と霧汗をたらして熱弁する弟と霧

現在のネイルは、3Dアートなど、素晴らしく高度な技術が使用されているみたいだ。
ちょっぴり安くしてくれる招待状を譲ってもらえたので行ってみた。
思いっきり、柄や雰囲気に関して、優柔なので、決めるのに時間を使った。
小指だけ特別にネイルアートをしてもらって、その日は上機嫌になった。

風の無い土曜の晩に立ちっぱなしで
学生のころよりNHKを見ることがものすごく多くなった。
昔は、両親やひいじいちゃんが視聴していたら、NHK以外の映像が見たいのにと思っていたが、最近は、NHKが嫌ではない。
年配向け以外の番組が非常に少ないと思っていたのだけども、最近は、若者向きの番組もふえた。
それに加え、かたいものも好んで見るようになった。
そして、暴力的でないもの番組や息子に悪い影響がものすごく少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンでさえ非常に攻撃的だと思う。
毎回殴って解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

控え目に走る母さんと花粉症控え目に走る母さんと花粉症

私は昔、社員として多くの仕事仲間に囲まれて働いていた。
だけど、何年かすると、誰かと共に何かをするというのが向かないと痛感した。
業務の時間が長い上に、チームを組んで行うので、どうしても噂話がしょっちゅう。
うわさを聞きたいと思えば上手くやっていけるのかもしれない。
どう考えても、放っておけば?としか思えないのだ。
その上、ペースが遅い人に合わせて進めるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力が見られない!と感じるだろうが、父には運命なのだと言われた。

雲が多い金曜の朝に昔を思い出す
全国には、数多くのお祭りが行われているみたいだ。
自分の目で確認したことはないけれどとても良く知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
圧倒されるような彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見学したときに、DVDや実物大のそれらを見た。
12月に開かれるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
体験したいし見たい祭りの一個でもある。
冬祭りとは逆に、夏に行われるのは、箱崎のほうじょうえがあるが、生きている者の生命を奪う事を制限するお祭り。
今から大分前には、この祭事の期間、漁業も禁止されたという。
トラディショナルなお祭りも大事だが、私は屋台も同じく大好きかもしれない。

雪の降る仏滅の日没は窓から雪の降る仏滅の日没は窓から

鹿児島の少しお歳の女性は、連日、お花を霊前になさっているから、そのために、お花がふんだんに必要で、菊農家も山ほどいる。
深夜、車で飛ばしていると、菊の栽培の電灯がさいさい深夜、車で飛ばしていると、菊の栽培の電灯がさいさい視認できる。
住まいの電灯はものすごく少ない農村だけど、しかし、菊の栽培光はちょくちょく目に入る。
菊の栽培ライトは何かにつけ目撃しても人通りはめちゃめちゃわずかで街灯のライトも非常にほんの少しで、物騒なので、高校生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

目を閉じて話すあなたと擦り切れたミサンガ
メジャーなお寺になっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ向かった。
法隆寺式の伽藍配置も思う存分見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも巨大なものだった。
このお寺についてを身につけるにはおそらく、膨大な時を要するのではないかと考えている。

凍えそうな仏滅の晩に足を伸ばして凍えそうな仏滅の晩に足を伸ばして

友達の親戚が梅干し屋さんらしい。
都内に本部があり台湾に店もあり、関西の方に工場がある。
日本全国に、たまに、何名かのグループで訪問販売をするらしい。
夜中、こんな話を聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、たくさんあるよ〜!と出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
なんと、早速はちみつ梅をオーダーしてしまった。

無我夢中で吠える君と俺
甘い食べ物が非常に好きで、ケーキや水ようかんなどをつくるけれど、娘が1歳になって作るお菓子が気を付けなければならなくなった。
私たち夫婦がめっちゃ楽しみながら食べていたら、娘が自分も食べたがることは当たり前だから子供も食べられるケーキをつくる。
私は、チョコ系がとっても好きだったけれども、しかし、娘にはガトーショコラなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやリンゴをいれた蒸しケーキが栄養的にもいいので、砂糖を控えめに入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

蒸し暑い木曜の夕方にカクテルを蒸し暑い木曜の夕方にカクテルを

OLだったころに、なかなか退職する機会がなかった。
とても辞めたかったわけではないから。
チームで働く余裕がなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、その日、熱意を込めて辞めると目を見ていった。
そんな日に何でか、いつもは若干まじめだと印象を抱いていたKさんが、話しかけてきた。
話している中で、話したこともない気持ちを知るはずもないKさんが「この業種、しんどいよね。君はもう少しやっていけるよ。」という話をしてきた。
なんだか泣き顔になった。
考える事があって、その日の帰りに、採用担当に辞めることを撤回してもらった。

控え目に大声を出すあいつと電子レンジ
過去にものすごく肥満だった時代に、どうしても欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
その上、夕食の終わりに2枚以上食べた時期もあった。
さらに並行して、フライドポテトにはまってしまい、肥満体型の世界へワープだった自分。
試した痩身法が変なのばかりだ。
一つは、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープしか口にしないダイエットだ。
仕事場にまで水筒に作って持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、葱を夜ごはんに置き換えるという痩身法。
さすがに、現在ではできない。
その後、3年ほどで栄養バランスを調えると、気が付くと元に戻った。
とにかく時間をかけてというのが間違いない。

Copyright (c) 2015 使命は何時でも脳裏をよぎる All rights reserved.

●サイト内メニュー