「職人」のことの本や論文を書く事になったら、どういったことを調べる?「料理人」の一般的な解説とかだろうか。それとも、一個人の視点からくる意見だろうか。

使命は何時でも脳裏をよぎる

「職人」のことの本や論文を書く事になったら、どういったことを調べる?「料理人」の一般的な解説とかだろうか。それとも、一個人の視点からくる意見だろうか。

ページの先頭へ戻る

天気の良い休日の夕方はひっそりと天気の良い休日の夕方はひっそりと

この白の一眼レフは、昨日、浜で拾った物だ。
当日、7月の中盤で、ちょうど半ばで、いつもに比べて暑い日だった。
お台場で、恋人と大喧嘩してしまい、もう会いたくないと告げられてしまった。
元気になろうと、マンションからこの砂浜まで歩いてやってきて、砂浜をゆっくり散歩していた。
そしたら、少し砂で汚れたこの一眼に出会った。
持って帰って、重さに驚いて夜の様子を一枚撮影してみた。
一眼の持ち主より、いいかんじに撮れているかもしれないと思った。
恋人の笑顔撮りたいとか、思った以上にピント調節ってうまくいかないなー、とか感じていた。
落ち着いて、どうにかして会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
解決したら、この一眼レフ、落とし主に届けよう。

月が見える木曜の明け方はビールを
あまり、ドラマは見ないほうだけど、このごろ、それでも、生きていくをかかさず見ている。
殺人犯の家族と殺された側の親兄弟が会うことになってという話で、通常は起こるはずがない話の流れだ。
殺された側の親兄弟と殺人犯側の家族のどちら側も悲しい話が出されている。
流れの中身はめちゃめちゃ暗いと思うけれど、しかし、映像の色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像が大変多く、牧歌的できれいな映像が非常に多く使われている。
今後、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

曇っている祝日の明け方は椅子に座る曇っている祝日の明け方は椅子に座る

知佳子の住まいのベランダにて育てられているミニトマトは、かわいそうな運命なのかもしれない。
枯れる直前まで水分を与えなかったり、実験でコーヒーをあげたり、コンソメスープをあげたり。
泥酔の私と彼女に、ビールを飲まされた時もあり。
育ての親である彼女は、機会があれば絶対トマトジュースを飲ませたいという。
もはやミニトマトの気持ちは完璧にシカト。

天気の良い仏滅の日没にお酒を
明日香は、専門学校に入ってすぐに打ち解けた友達だ。
彼女の長所は、たいていの事は見逃すし、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私の方から、親しくなりたいと言ったそうだが、さっぱり覚えていない。
話すと、全てが単純化されるので、凄く楽に生きれる。
シャープでスレンダーなのに深夜にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするらしい。

勢いで体操する君と飛行機雲勢いで体操する君と飛行機雲

出張業務に出ると、四日くらい帰れない日々がある。
その最中は、意欲はあるけれど、とても緊張しているので、毎日3時間睡眠。
起きる予定時間のずいぶん前にもかかわらず、目が覚めてしまう。
けれど、終わった時の解放感は素晴らしい。
思いっきり遊ぶし、寝るし、食べる。

ノリノリでダンスする弟と穴のあいた靴下
暑い日に、沖縄本土まで仕事に行った。
この辺は非常にあつい!
綿の上着の上に、スーツの上着。
汗まみれになりすぎて、スーツのジャケットはめちゃくちゃに。
宿にへ入って、洗濯機もなかったのでLUSHの石鹸で洗濯した。
次の日着るとジャケットはオレンジの良い香りがした。
ジャケットが痛むのではないかと気になったけれど、何があっても洗わなきゃいけない思っていた。

控え目にダンスする友人とアスファルトの匂い控え目にダンスする友人とアスファルトの匂い

笑顔って魅力的だなーと思うので、できるだけ笑顔でいるように気を付けている。
一応、時と場合を見て。
でも、他の人にそんなものだと強制してはだめ。
要は、一括では言えないけれど個人的な考えとして。
先ほどまでシリアスな顔で一生懸命に仕事していた人が、ほころばせたその瞬間。
すごーく大好き。
目じりに皺がある人がタイプ!とよく言う学生時代の友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

控え目に体操する兄弟と夕立
このごろ、小説をぜんぜん読まなくなった。
大学の時は、かかさず読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、小説を読む時間をとりにくい。
時間があっても、ゆっくりと小説を読むという心になかなかなりにくいので、見ていたとしてもおもしろく感じにくい。
ただ、すごくはまってしまう小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きだから、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次世代の光っている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
けれど、純文学だからと無理やり分かりにくい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

ぽかぽかした祝日の夕暮れは料理をぽかぽかした祝日の夕暮れは料理を

晩酌に、キリンビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインを飲んでしまう。
もちろん、その後に接待のような仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、アパートの近くでワインショップを見つけて、父の日も近かったので買ってみた。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円くらいのプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
父にプレゼントした、ワインが一万円することをついに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はなさそうだった。
この一件で、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
楽しい!と思える時間の友だったら、値段や質にはこだわらないと決めた。

熱中して体操するあいつと失くしたストラップ
じっと見てしまうくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
昔一度だけ出会いました。
バス内で若い方。
同性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、それ以外でにじみ出るオーラはたぶんありますよね。
日本には魅力的な方が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

Copyright (c) 2015 使命は何時でも脳裏をよぎる All rights reserved.

●サイト内メニュー